かゆみや痛みからオサラバできる水虫治療薬~皮膚のサイン~

3人の看護師

皮膚の専門家

2人の医者

皮膚を専門に診ているのが、港区の皮膚科です。皮膚の病気かもしれない、と思ったら皮膚科を受診すると良いでしょう。原因を突き止めて、適切な治療を行なうことができます。

More…

効果的な成分

足

白癬菌というカビが、皮膚の表面で増殖してしまうと、水虫になってしまいます。水虫と言えば、かゆいという印象を持っている人も多いですが、人によってはかゆみがないこともあります。水虫の怖いところは、感染力が高いということです。水虫の人が利用したスリッパを履くだけで、水虫が感染してしまう可能性があるのです。特に感染しやすいのは、多くの人が集まるプールや温泉などの施設の足拭きマットです。素足で歩いてしまうと、知らない人の水虫が感染するということもあるので注意したほうが良いです。水虫を治すためには、すぐに症状に気づくことが大切です。水虫になるとさまざまな症状が発生しますが、特に多いのは趾間型という症状です。趾間型は、足指の間がふやけてかゆみを感じるというものです。比較的軽い症状ならかゆみだけなのですが、ひどくなると、ただれることもあります。趾間型よりも強いかゆみがある症状を、小水疱型と言います。足の側面などに小さな水ぶくれができて、その水ぶくれが破れると皮が剥けてしまいます。

水虫は改善したいなら、治療薬を使用すると良いでしょう。ドラッグストアには、1,000円程度のリーズナブルな治療薬ものから、2,500円程度の治療薬もあります。しかし、値段が安い水虫の治療薬は、1日に何回も塗らなければならないものがあるので注意したほうが良いです。そのような治療薬だと手間がかかってしまいますし、コストパフォーマンスも悪いので、選ぶ際は気をつけたほうが良いでしょう。世界中で良く使用されている水虫の治療薬は、塩酸テルビナフィンを成分としているものです。1日1回塗ることで、水虫の原因となっている白癬菌を抑制して、細胞膜を破壊することができます。皮膚科を受診することで、効果的な治療薬を処方してもらうことができるので、不安があるなら医師に相談してみることが大切です。

ニキビを治すのに最適

ハートを持つ医者

皮膚科と美容皮膚科では、それぞれ治療の目的が違うので、利用する際は注意したほうが良いです。横浜の皮膚科を利用することで、専門家からアドバイスをもらうことができ、効果が高い治療薬を処方してもらえます。

More…

内服薬で治療

足

水虫の原因となる白癬菌は、爪に感染することもあります。爪水虫は皮膚科で治療することができます。内服薬や外用薬を使用することで、白癬菌を死滅させていくことができます。

More…