かゆみや痛みからオサラバできる水虫治療薬~皮膚のサイン~

カウンセリング

内服薬で治療

足

水虫という病気は、多くの人が知っていますが、水虫が足ではなく爪にできることもあります。その病気のことを爪水虫と言います。爪水虫の原因は、白癬菌が増殖することによって起こります。足や爪が不衛生な状態で、高温多湿になってしまうと、白癬菌が増殖してしまいます。爪水虫を早期発見して、早期治療することができれば、比較的簡単に治すことができます。病院に行かなくても、市販されている塗り薬でも完治させることは可能です。しかし、爪水虫は初期段階では、あまり症状がないので放置してしまいがちです。放置した状態が続いて、どんどん進行してしくと、爪の色は血が滲んだような赤褐色になってしまいます。悪化してしまうと治すのが難しくなってしまうので、爪の異常に気づいたら、すぐに皮膚科を受診したほうが良いです。

爪水虫は、内服薬や外用薬で治すことができます。内服薬を飲むことで、爪水虫の原因となっている白癬菌を死滅させることができます。外用薬のほうが効果が高いと思いがちですが、皮膚科では内服薬の治療が一般的になっています。白癬菌は爪の奥深くにいるので、外用薬を使った場合でも、なかなか有効成分を到達させることができないからです。ですから、基本的には内服薬と外用薬を併用して治療を行なっていきます。爪水虫にならないためには、常に足や爪を清潔に保つことが大切です。1日1回は足を洗い流すようにすることで、白癬菌の感染や増殖を抑えることができます。